ママさんナース働き方、これから職場選びをするなら

ママさんナースの働き方。子育てと看護師の仕事を両立しやすい職場探し。

看護師で小学生の子供がいる時の働き方

小学生のいる看護師の働き方、色々と働くのに困難になるのが小学校入学後です。

子供が小学生になったら、さらに手が離れて看護師の仕事も働きやすくなる・・・と思っていたら大間違い!かえって大変になる可能性もあります。

小1の壁」と言われますが、共働き夫婦の家庭にとって、子供が小学校に入学してから様々な問題が発生してきます。

時間的な問題から、子供が小学生になってから看護師の働き方を見直し、退職したり非常勤パートの働き方に切り替えたり、といったママさんナースはとても多いです。

子供が幼稚園、保育園に通っていた時の方が働きやすかった・・・

小学生の子供がいる看護師の働き方として、どのような働き方があるでしょうか。
家計のこともあるし、少しでも働きたい。

小学生の子供がいる看護師の働き方について、みていきましょう。

また子育てと両立しやすいママナースの働き方についても。

小学生になると、かえって難しくなる看護師の働き方

ママさんナース、働き方の悩み

子供が小学生になると、やはりそれまでの幼稚園、保育園とは環境がガラリと変わりますし、先生との関係性もそれまでとは全く違うため、子供たちも一気に成長したな、と感じることが多くなります。

とはいえ、まだまだ親の手助けも必要です。

それに何より、小学1年生は帰宅時間が早いんですよね。

看護師として、特に常勤看護師として働き方を変えなければ対応できずに、悩む方も多いといえます。

小1の壁、常勤看護師の働き方が難しくなる学年

「小1の壁」とは、簡単にいうとそれまで(幼稚園、保育園の時代)と比べて仕事と子育ての両立が難しくなることを言います。

保育園も預かり時間が遅くまで対応できるところが多いため、残業もすることができたでしょう。

幼稚園も今は延長保育をしている園が多いため、残業が長くならなければ常勤看護師として働くことができた、というママさんナースも多いのではないでしょうか。

パートでも夕方まで働きやすかった、という実感を持つママさんナースは多いでしょう。

小学生の子供がいる看護師は何が大変?

小学生の子供がいる看護師(働くママさん)にとっては、何が大変なのか。

代表的なものを挙げていきますと・・・

【子供が小学生、という看護師が働き方に悩むポイント】

・学童が終わる時間が早い

・親の出勤時間と子供の登校時間が合わない

・夏休み、冬休み、学校の長期休みの働き方

・平日に多いPTA、役員の集まり

・平日に多い学校行事、振替行事

などがあります。

共働き夫婦にとっては、仕事との時間のやり繰りに困ることが多く、とても悩みどころが多いのが小学校といえます。

運動会なども大抵の小学校では土曜日、日曜日に最初は設定していますが、雨で流れると平日が予備日といった場合が多いでしょう。

それにあらかじめ休みの希望を出していて、変更が難しい病院や介護施設、クリニックに勤めている場合、休めずに運動会を見に行けない・・・といったこともあり得ます。

他の行事も同様です。

不規則、残業が多い看護師の仕事にとっては、子供が小学生になってから本当に働き方に悩むことが多くなってしまう、といえるでしょう。

子供が小学校の間、働き方を変える

職場を変えたい、働き方を変えたいと思っている看護師さんもいらっしゃると思います。

またはこれから復職しようと思っていて、希望の働き方ができる職場を探したい、といった場合には情報収集に看護師紹介会社の活用がおすすめです。

ママさんナースが働きやすい職場を見つけたい、といった時に「子育てしながら働きやすい環境」の病院やクリニックを見つける事はとても重要ですよね。

看護師紹介会社は病院やクリニック、施設の詳しい働き方も事前に分かりますし、勤務条件についても交渉してもらえることがあるため、ママさんナースが働きやすい職場探しに役立ちます。

⇒ 看護のお仕事 詳細はこちら

⇒ 医療ワーカー 詳細はこちら

⇒ マイナビ看護師 詳細はこちら

学童は遅くまで預けられず、看護師常勤の働き方が難しい・・・

フルタイムで働くママさんが悩むのは、子供の帰宅時間です。

一人で留守番をさせるにはまだ色々な面で難しい年齢です。

特に防犯面では不安がいっぱいです・・・。

うちの子も、高学年にはなりましたが、まだカギを閉めることを超忘れます
危ないですよね・・・。

小学1年生ならなおさらだったでしょう。

学童は地域によって違いがあるようですが、終わる時間が17時です。
(18時まで、といったところもあるようです)

学童保育を利用しない場合には、子供が小学校から帰ってくる時間は14時過ぎになるでしょう。

午前授業も多いですし、正直働くのが難しい時期があります。

夏休み、冬休み。学校が長期休暇の間の働き方が難しい!

小学生になってからは、毎年、夏休み・冬休みと長期休みがあります。

保育園は仕事があれば預かって貰えましたし、幼稚園も多くが夏休み・冬休みの間も預かり保育を実施しており、朝から夕方まで預けることが可能だった、というところは多かったのではないでしょうか。

しかし、小学校は休みです。

春休みも2週間程度ありますね。

学童保育は利用出来ますが、お弁当持参、帰りも17時といったことになるため、働くのが難しい・・・と感じる保護者は多いです。

小学生の子供がいる看護師におすすめの働き方

結論として、子供の帰宅時間などに合わせて家族からの協力が得られない場合には、ママの働き方を変えるしかない、といえます。

実際、4月前後にはそうした相談が増えるみたいですよ。

働き方を変える方法としては、以下のようなものがあります。

パート看護師として融通の利く働き方(短時間など)で働く

転職するのは面倒だし、ずっと働いてきた病院で仕事を続けたい、といった場合には上司に相談をまずされることをおすすめします。

・常勤から非常勤パートへの切り替え

または病院によっては働くママさんナースへの支援策として、時短勤務や夜勤免除を認めていたりします。

そうした制度がまずあるかを確認してみることもおすすめです。

人手不足の病院も多いですし、例え働き方が変わるにしても、働き方に慣れた看護師が残ることは病院にとってもメリットです。

ママさんナースの働き方に関して、融通が利く職場は多いのではないでしょうか。

パート看護師だと、土日祝日も休みなど希望条件で職場を探しやすくなります。

日勤のみ、残業無しの職場へ転職

地域によっては学童は18時までです。

17時退社、残業無し、日勤のみ。
こうした職場なら十分、両立は可能、といったことであれば転職をすることも現実的です。

土日祝日も休み、といった職場も探せば見つかります。

ママさんナースへの支援が充実した病院へ転職する

先ほどもありましたが、育児と両立しやすい働き方ができるように様々な支援、制度がある病院もあります。

転職してすぐにそうした支援制度が利用出来るかは確認が必要ですが、子育て中のママさんナースに理解のある病院に転職することも、おすすめの方法の一つです。

大規模病院は、やはり育児中のママ看護師の人数も多いですし院内保育所なども完備、病児保育対応の場合もあります。

人数が多いことから子供の急な発熱、病気など早退、欠勤も対応してもらいやすく、働きやすいと言えます。

退職し時々看護師単発バイト

家族からのサポートが得られない、私が帰って子供たちを待つしかない。
といった場合には、看護師の仕事を退職、専業主婦として子供たちを優先する、という選択肢もあります。

時々、看護師単発バイトで仕事をすることで、生活費もサポートできますし仕事の感覚もそこまで鈍らずに維持できるのではないでしょうか。

単発バイトも介護系の仕事が多いですが、時期によっては巡回健診・採血バイトなども見つかります。

子供が親を必要とする時期は短いです。

そうした考えから、家族を優先して退職、しばらくは家事や子育てに専念。

生活リズムに慣れてきたらパートで午前中のみ勤務で復帰、といったママナースは結構多いといえます。

ママナースの働き方、働きやすい職場を見つけるには

ママさんナースが働きやすい職場を見つけたい、といった時に「子育てしながら働きやすい環境」の病院やクリニックを見つける事はとても重要ですよね。

そのための情報収集に、看護師転職エージェントが役立ちます。

⇒ 看護のお仕事 詳細はこちら

⇒ 医療ワーカー 詳細はこちら

⇒ マイナビ看護師 詳細はこちら

と文中でご紹介をさせていただきました。

もしこれから子育てと両立して働きやすい病院、施設などをお探しになるのでしたら、ご活用になってみてはと思います。